2010年6月 3日 (木)

電車道 第七十七回

毎年6月、300年以上の歴史を誇る白根・味方「大凧合戦」がいよいよ始まる。中ノ口川を挟んだ対岸での合戦である。

この凧合戦の場所は白根駅(味方側)であった。沿線内での一大イベントでたくさんのお客さんで賑わい、普段日中は単行の電車も2両で運転される。運悪く駅舎や電車に落ちる凧もあり色々気苦労は耐えなかったであろう。300年の歴史の中の66年は短かったかもしれないが、電車のあったお陰でたくさんの人に凧合戦を楽しんでもらえたであろう。


9

9

9_2


| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

電車道 第七十六回

蒲原平野の田植えはだいたい五月の大型連休の間に行われます。今年は天候不順で1・2週遅れてはいますが。

電鉄沿線は田んぼや農村部が多く現役時にはこの時期至るところで農作業が行われていました。新潟でも有数の生産量を誇る西蒲原地区は収穫期になると、電動貨車モワ51号に牽引された貨車が燕駅で国鉄に引き継がれ全国に出荷されました。

人だけでなく文化、そして農産物。電鉄は様々なものを運んで駆け抜けた。

ことしの稲の生育はどうなるのだろうか。

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

電車道 第七十五回

アスファルトに残るレール

11年前の平成11年4月5日にモハ11号が月潟駅に向けて最後の回送後この線路を走った列車はない。その間に月潟駅構内以外は全てレールが撤去されたかに見えたが、残っていた場所もあった。

木場駅の構内脇踏切だ

廃止後11年経って駅舎、ホームもなくなり、一心同体だった農協も移転して解体された。だが目立たないかもしれないけと確かに駅であった証は今も鮮明に残っている。これらのものはいつ消えるかもしれないが私達の心には永遠に生き続けるであろう。
P4050380


| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車道 第七十四回

新潟交通電車線(経過11年)

現存車両・4両

モハ11…新潟市南区月潟(旧月潟駅)
モワ51…同上
キハ116…同上
クハ45…佐渡市加茂湖遊覧船待合所にあったが解体されました
クハ46…埼玉県秩父地方(個人所有)


現存駅舎・1駅

月潟


解体駅舎・18駅(経過)

東関屋・電車工場(マンション・デイサービスセンター・福祉施設・市営住宅)
東青山(整地・一部緑化)
平島(整地)
寺地(整地)
ときめき(整地)
焼鮒(整地)
越後大野(整地)
黒埼中学前(整地)
新大野(整地)
木場(整地)
板井(整地)
七穂(整地・一部道路化)
吉江(整地)
味方中学前(公園)
味方(整地)
白根(公園)
千日(整地)
曲(緑化整地)


先行廃止区間・6駅

白山前・県庁前(公園・一部道路化)

六分(住宅地・遊歩道)
新飯田(公園)
小中川(公園・遊歩道)
灰方(住宅地・公園)
燕(JR返還・住宅地)

尚、燕地区と月潟駅より下流側にて遊歩道が完成したり工事がされています。
また黒埼地区の遊歩道工事は遅々として進んでいません。

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

電車道 第七十三回

新潟交通電車線(経過10年)

現存車両・5両

モハ11…新潟市南区月潟(旧月潟駅)
モワ51…同上
キハ116…同上
クハ45…佐渡市加茂湖遊覧船待合所(遊覧船運行休止のため閉鎖中)
クハ46…埼玉県秩父地方(個人所有)


現存駅舎・1駅

月潟


解体駅舎・18駅(経過)

東関屋・電車工場(マンション・デイサービスセンター・福祉施設・市営住宅)
東青山(整地・一部緑化)
平島(整地)
寺地(整地)
ときめき(整地)
焼鮒(整地)
越後大野(整地)
黒埼中学前(整地)
新大野(整地)
木場(整地)
板井(整地)
七穂(整地・一部道路化)
吉江(整地)
味方中学前(公園)
味方(整地)
白根(公園)
千日(整地)
曲(緑化整地)


先行廃止区間・6駅

白山前・県庁前(公園・一部道路化)

六分(住宅地・遊歩道)
新飯田(公園)
小中川(公園・遊歩道)
灰方(住宅地・公園)
燕(JR返還・住宅地)

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

電車道 第七十二回

*燕*

・1933(S08)08.15 新潟電鉄株式会社燕駅開業
・駅は越後鉄道(現JR弥彦線)燕駅として1922(T11)04.20〜開業している
・新潟交通電鉄線ホームは3番線
・「車電行潟新」とホームに書いてあったのが印象強い
・起点白山前駅より36.1km
・引込線あり


*丸山コレクション矢立キセル館車10分

・煙管(キセル)製造業を営んでいた丸山清次郎(1900-1982)が収集した
煙管(喫煙道具)、矢立(携帯用筆記具)を集めた史料館。
・装飾の施された細工や彫金が見所。
(燕市産業史料館 別館丸山コレクション矢立煙管館・燕市大曲)


*安了寺の天然記念物大白藤車15分

全国にもまれな白藤の大樹。
樹齢300年と言われており、S33年に新潟県指定天然記念物
5月中旬が見頃で、純白の花とその香りが訪れた人を陶酔させる。
(燕市八王寺)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

電車道 第七十一回

新潟交通電車線1日フリー乗車券

乗車券の観光案内だけではよく分からない史跡も多いので、
今回より少しずつフリー乗車券を辿って説明や等していきたいと思います。

*弥彦*

・西蒲原郡弥彦村
・高さ634mの弥彦山がシンボル
・弥彦神社は天香山命(あめのかごやまのみこと)を祀る越後一の宮。
・弥彦駅はJR弥彦線の始発駅で寺社作りの駅が見事。
・電鉄とJRと唯一連絡していたのが燕駅のため、
弥彦線燕駅を経由して吉田(越後線)、東三条(信越本線)方面からの人や物の行き来が沢山あった。
そのため電鉄車両は、JR弥彦線を経由して貨物扱いで新潟鉄工所へ引かれてゆき、
ワンマン化改造を施されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車道 第七十回

県庁前駅の中にあった喫茶店「べるっこ」
お店に入られた方、どのようなメニューがありましたか?
どのくらいのお店の広さでしたか?
どんなお店でしたか?
ホームからベルっこの可愛い軒先が見えていて、
発車を待つ電鉄車内からどんなお店だろうと、
中を見ている人も多かったと思います。
県庁前駅の発車ベルは非常ベルのような、けたたましい音。
駅だけでなく周囲にも響き渡り、早く電車に急げ!と乗車を促します。
車内で待機するお客さんも耳を塞ぎたくなり、
あまりの激しさに泣き出す赤ちゃんも出るくらいの大変な音でした。
現在の鉄道会社は、柔らかな音に変えたり、メロディーに変わりつつあります。
そんな昭和の激しい鉄道発車ベルを、お店の名前に可愛くつけてしまうとは。
廃線になる前にコーヒー一杯頂いて味わえばよかったなと思うお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

電車道 第六十九回

鉄道線を持つバス会社は社会的に信用度が違う。

10月末に逝去された、蒲原鉄道株式会社社長の故・茂野新一氏の言葉である。
一般路線・高速バスの運行や旅行代理店業務など、
鉄道会社で取り扱う商品は一流である。
これは鉄道会社の持つ力の大きいことを表している。

鉄道敷設にあたって沢山の免許状や許可証が必要になる。
運転時刻も申請認可が必要。
線路や駅、車両は勿論、
線路用の土地、信号機、鉄橋…すべてを自社で揃える。
莫大な費用と労力をかけて開通し、鉄道線は地図に載る。

どんなに急いでいても、救急車や消防車も遮断機が降りたら全ての道は鉄道に譲られる。
どんなに小さな鉄道でも、鉄道には優先権がある。
それは、いかに昔から鉄道の運ぶ人や物を待つ人が多かったかを表しているのではないか。

鉄道の持つ力。
鉄道の生む力。

大正十一年、新潟県で最初の電気鉄道を走らせて七十七年、
新潟県最後の私有鉄道として走った蒲原鉄道。
祖父が作った鉄道を孫の私が潰す皮肉になったが、
私の目の黒い内はバスになっても「蒲原鉄道」である。
と仰っていたのも印象的な言葉である。
そこには、鉄道に対する敬意と誇りが表れている。
ずっと鉄道人として関わっていたかったのかもしれない。

当保存会は蒲原鉄道様からも沢山のご厚意を頂いております。
謹んで御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

電車道 第六十八回

新潟市南区の公民館主催事業「見たい!知りたい!!南区まるかじりっ!!!*南区地域学*」が始まった。
第五回の講座だが、一回毎の参加も可能だそうだ。
10月22日(水)の第3回には"「味方」を歩く"という題で白根駅〜味方駅間を歩く。
旧白根駅公園・笹川邸まで歩き、帰路は区バスに乗る。
南区となった月潟村、味方村、白根市を結ぶ物・共通点は新潟交通電鉄がまず挙がると思う。
まだ整備されず跡地が残されたままの1.9kmを
どんな思いで参加者は歩くだろうか。
時代背景、建設計画、地域の信頼関係など。
ここから見える「南区地域学」とは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«電車道 第六十七回