« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月20日 (火)

電車道 第六十三回

1982年新潟交通電鉄ワンマン化。
ワンマン化で必ず導入される物の一つ、運賃箱・両替機。
現在、同社バスの最新式運賃箱は、投入金額がカラーで表示される。
運賃を多く投入しても釣り銭が出てくる機種ではないので、両替機付き。
バスカード対応。

ワンマン化で電鉄車両に新しい運賃箱が付き、
両替は硬貨の他に、紙幣の千円札と五百円札対応だった事が
保存されているモハ11で分かる。
五百円札・千円札の両替はこちらですよ、
という案内が付属のプレートに書いてある。
(長年の日焼けで読みにくくなっています。)
五百円硬貨が鋳造されると
流通上、五百円札は廃札扱いとなるため、
最後はもっぱら千円札の両替。
ひっそりと消えていった昭和の五百円札。
運賃を払うつもりで立ち止まって眺めてもらいたい、昭和の記憶です。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »