« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月16日 (金)

電車道 第七十一回

新潟交通電車線1日フリー乗車券

乗車券の観光案内だけではよく分からない史跡も多いので、
今回より少しずつフリー乗車券を辿って説明や等していきたいと思います。

*弥彦*

・西蒲原郡弥彦村
・高さ634mの弥彦山がシンボル
・弥彦神社は天香山命(あめのかごやまのみこと)を祀る越後一の宮。
・弥彦駅はJR弥彦線の始発駅で寺社作りの駅が見事。
・電鉄とJRと唯一連絡していたのが燕駅のため、
弥彦線燕駅を経由して吉田(越後線)、東三条(信越本線)方面からの人や物の行き来が沢山あった。
そのため電鉄車両は、JR弥彦線を経由して貨物扱いで新潟鉄工所へ引かれてゆき、
ワンマン化改造を施されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車道 第七十回

県庁前駅の中にあった喫茶店「べるっこ」
お店に入られた方、どのようなメニューがありましたか?
どのくらいのお店の広さでしたか?
どんなお店でしたか?
ホームからベルっこの可愛い軒先が見えていて、
発車を待つ電鉄車内からどんなお店だろうと、
中を見ている人も多かったと思います。
県庁前駅の発車ベルは非常ベルのような、けたたましい音。
駅だけでなく周囲にも響き渡り、早く電車に急げ!と乗車を促します。
車内で待機するお客さんも耳を塞ぎたくなり、
あまりの激しさに泣き出す赤ちゃんも出るくらいの大変な音でした。
現在の鉄道会社は、柔らかな音に変えたり、メロディーに変わりつつあります。
そんな昭和の激しい鉄道発車ベルを、お店の名前に可愛くつけてしまうとは。
廃線になる前にコーヒー一杯頂いて味わえばよかったなと思うお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »